HAPPYなニュースを英語で読もう。

英語のニュースサイトから「楽しい気持ちになれる記事」だけを選んで紹介するブログです。

【HAPPYになれる英語ニュース】定年後の人生を豊かに。63歳のライフガード

仕事を早期退職したのち、テキサス州のビーチでライフガードとして働く63歳の男性が、NPRのインタビューに答えています。(音声・スクリプトつき)

n.pr

全寮制の男子校で数学の教師をしていたビルさんは、59歳で早期退職し、ペンシルバニア州からテキサス州に移住しました。やがて、のんびりした生活に物足りなさを感じるようになり、地元ビーチでライフガードの手伝いをするサークルに参加。手伝いだけでは飽き足らず、自ら救助員として活動することにしたのです。

元教師で若者の扱いに慣れていたはずのビルさんも、孫のような年齢の若者たちに交じって仕事をすることに、はじめのうちは不安を抱いていました。「場違いのキモいおっさん」にならないよう、マジメにトレーニングに取り組み努力した結果、若い仲間たちに温かく受け入れられ、今では週末のフットボール観戦に誘われるほど親しい仲になったのだそうです。

高齢のライフガードに驚く海水浴客もいますが、ビルさんはそんな海水浴客との会話を楽しんでいるようです。「私の年齢を当てさせると、みんな実際より若い年齢を言ってくれるんですよ」

このように語るビルさん、リンク先の音声を聞いてもらえばわかりますが、ものすごくステキな声の持ち主なのです。第一声を聞いたとき、俳優さんが演じているのかと思ったほど。そのおだやかな声と口調からビルさんの謙虚な人柄が伝わってきて、「私もこんなふうに年を取りたい」と思わせてくれます。

 

インタビューの中で、私が一つ気になった箇所がありました。「シニアのライフガードは今後も増えそうだが、それはなぜだと思うか」という問いに対し、ビルさんはこう答えます。

“Well, there’s a few things happening. One is that older Americans are staying in shaped more and we’re seeing a lot more active. And the other thing is of course the shrinking applicant pool for the younger lifeguards. It seems like more young people are not working in the summers like they used to.”

 

「理由はいくつか考えられます。1つは、アメリカの高齢者の健康志向が高まり、以前に増して活動的になっていること。もう1つは、ライフガードの求人に若者が集まらなくなってきたことです。今の若い人は、昔に比べて夏のアルバイトにあまり精を出さないみたいですね」

これを聞いて私は、「年配の人だけがどんどん元気になって、若者は元気がなくなってるの?」「若者の海離れ?」「若者のバイト離れ!」と一瞬考えましたが、昔と今とでは若者を取り巻く事情が違うというだけかもしれません。インターンで忙しい学生は多いでしょうし、ITの発達で、バイトの職種の幅が以前より広がっているのかも。いまどきのアメリカの学生が夏休みをどのように過ごしているのか、興味のあるところです。

 

インタビューの英語は発音もクリアで聞き取りやすく、しかも3分半ほどの短いやりとりですので、英語を勉強中の方はリスニング教材にぜひどうぞ。

A 63-Year-Old Lifeguard : NPR

 

↓こちらは、60歳を過ぎてからスターバックスの店員として人生の再スタートを切った男性のお話。

↓こちらの映画のロバート・デ・ニーロは、素敵なシニアライフの理想形です。